アルビオコート湘南・平塚-まちづくりブログ-”四之宮のフラウ”

ミサワホームの【アルビオコート湘南・平塚】-企画担当者みずから書き下ろす、まちづくり秘話ブログ

13) ”第4の部屋”の土間部屋とは?

f:id:misawahome:20180716094528j:plain

↑本日のワンショット!-WEB広告始めました~【アルビオコート湘南・平塚】の公式ホームページ専用バナー。今月からWEB上で配信開始しました!

 

-----------------------------

 

前回ご説明した”第4の部屋”をもう少し詳しく本日はご説明致します。和室が第4の部屋というのは皆さんよくご存じだと思いますので、【アルビオコート湘南・平塚】では15棟中7棟が該当している洋間系の第4の部屋がどんなカンジなのかをご紹介しましょう。

f:id:misawahome:20180722144226j:plain

 

↑おそらく一番「なんじゃそれ?」というのは4号棟の「土間部屋」でしょう。4号棟1階の計画図をご覧ください。

 

 

f:id:misawahome:20180716093511j:plain

 

↑玄関から家の中へ入ると、リビングへ入っていく通常のドアとは違う方向にもうひとつ入口があるのがお分かりいただけますでしょうか?そこが3.8帖の土間部屋です(”土間”と書いてあります)。

 

この部屋で想定している生活提案というか用途はといいますと、

●ペット・ルーム

●ロードバイク置き場

●趣味部屋

●アウトドアグッズ置き場

●ホームオフィス

など、さまざまです。

 

日本の戸建所有者のペット飼育率は40%を超えていると言われています。ペットはもはや家族そのもの(いや、家族以上だ!という方もいらっしゃいます?)ですから、子供に部屋を与えるように、ペットにもペットの部屋を!というわけで、玄関から直接アクセスできて、かつキッチンやリビングを見渡せる絶好のロケーションをワンちゃん達のためにご用意させていただいたというわけです。過去の当社の建売での施工事例の写真をご覧ください。

f:id:misawahome:20180716101427j:plain

f:id:misawahome:20180716101442j:plain

 

いいですよね~こんな風に愛犬が出迎えてくれてくれるなら、仕事を切り上げて早く帰宅したくなるものです!

 

またロードバイクもとてもメジャーになってきていまして(自転車とかチャリと言うと彼らにはとても怒られます!)、当社の男性社員に聞いても10人に1人はこの類を所有していて、安くても50万円くらい、中には車一台新車で買えるくらいのものを持っている人がいます。当然のことながら子育てがひと段落した結構なお歳の層ではありますが・・・(休日家に居づらい?からロードバイクで現実逃避?)

 

ロードバイクを自転車だとかチャリだと安易に言ってしまうかたは、おそらく「そんなものは外においておけばよいではないか?」とお思いになるでしょう。でも、絶対にそうはいきません。彼らにとってロードバイクもペットと同じ、家族なんです!だから家の中に部屋が必要なんです。保管するだけでなく、ちょっとしたメンテも家の中で、できれば土間のある部分でやりたいんです!

 

【アルビオコート湘南・平塚】は、周辺は平坦地に囲まれ、湘南コーストラインの国道134号線を東へ進めば江ノ島、材木座、逗子、葉山・・・西へ進めば小田原、真鶴、湯河原・・・と名所が続きます。逆に海と反対に北上すると聖地ヤビツ峠等を要する丹沢の山々や大山が連立するエリアです。どれも10km以内アクセスです。ロードバイクを趣味とする方にはちょうどよいロケーションです!

 

f:id:misawahome:20180716095259j:plain

以前、少し大きめの土間部屋をリビング横につけて販売したことがあったのですが、その際は「グランドピアノをここに置きたい。引き戸を開け放って簡単なリサイタルをしたい」という方もいらっしゃいました。今回の4号棟はグランドピアノの設置を想定した大きさではありませんが、例えばアップライトピアノであればおけますので、ピアノ教室をするなら生徒さんが靴を脱がなくてもそのまま席につけますよ!

 

あと、自営業の方で、「靴を履いたままちょっと家でちょこちょこ業務処理をしたい」というお声をよく聞きます。そんな使い方としても最適ですし、そのほか副業のホームオフィスとしても使えます。

 

このように、単純に続き間の和室があるだけでは実現しなかった生活も提案しているのがミサワホームのアルビオコートシリーズの特徴なんです!次回はセカンドリビングについてご説明致します!