アルビオコート湘南・平塚-まちづくりブログ-”四之宮のフラウ”

ミサワホームの【アルビオコート湘南・平塚】-企画担当者みずから書き下ろす、まちづくり秘話ブログ

19)コーディネーターのIさんのこだわり①

f:id:misawahome:20180824163659j:plain

↑本日のワンショット!-実は、四之宮エリアは車でのアクセスがとても便利!車での所要時間は新東名の「厚木南IC」へ10分、小田原厚木道路の「伊勢原IC」へ10分、新湘南バイパスの「寒川南IC」へ8分。都心へはもちろん、小田原方面や圏央道経由で相模原・埼玉方面へも、スムーズアクセス!湘南エリア随一の高速道路網のど真ん中です。

---------------

f:id:misawahome:20180817140640j:plain

公式ホームページにて資料請求受付中!

----------------

みなさん、こんにちは。

 

本日より【アルビオコート湘南・平塚】の分譲企画チームのメンバーと、そのメンバーが企画段階で何にこだわったのか?をシリーズでご紹介していきたいと思います!

 

第一弾は、コーディネーターの「I」さんです。

 

「I」さんの主な守備範囲は・・・

●内装・外装のカラーコーディネート

●内外の建具・設備の選定

●モデルハウスのインテリア企画

です。

 

分かりやすくいいますと、

●どんな色・模様の壁紙にするか?

●どんなデザインのドアにするか?

●フローリングはどんな色柄にするか?

●外壁の素材はどんなカンジにするか?

●収納の中の棚は何段にするか?

こういったありとあらゆる住宅部品の「色・物・柄」を、物件コンセプトに合わせてバランスよく選択しながら、全体をコーディネートしていくという、ある意味とても気が遠くなるような激務を担当する内外装のキー・パーソンです。

 

このコーディネート業務に今回立候補してくれたのは百戦錬磨のベテラン女性コーディネーターの「I」さんです。

 

「I」さんは3人のお子さんを育てながら、コーディネーターの仕事をしつつ、合間にはピアノにヨガ・・・と多忙な日々を送る正真正銘のフラウです。

 

物件コンセプトのひとつである「街の主役はフラウ!」にある意味ぴったりな人材です。しかもご主人の趣味はなんと湘南でサーフィンという!(なぜかパン屋めぐりも好きなんだそうです)人選的にはもう「I」さんしかいない状態!でした。

 

そんな「I」さんに今回のプロジェクトについて色々聞いていました!

 

Q:このプロジェクトのコーディネートをするうえで、大切にしたことはなんですか?

 

「I」さん:

”私は家事・育児・仕事に日々奮闘する、本物件でいうところのフラウ…ではありますが、だからといって、私目線・私本位のアイデアを押し付けるようなコーディネートにしないように気を付けました。あくまでベースはシンプルにして、個性をアピールしたいような部分は、あとでご入居者様が自分でDIY等でカスタマイズできるようにしたほうが家って絶対楽しいと思うんですね。フラウだからといってでしゃばってはいけない!と。”

 

ただ、初めてのマイホームって購入時にはなかなか気づかないポイントがあるので、購入者の方があとで後悔しないように、コストアップ覚悟で自分の考えを提案・固持した部分がいくつかあるんです。たとえばキッチンカウンターの下の腰壁部分。あそこは入居後、絶対に汚れるんです!けっこうみんなべたべた触りますし、ごはんをこぼしちゃったり、子どもが落書きしたりと・・・。なかなかそういうことって当初はイメージつきませんよね?

f:id:Kenji_Fujikura:20180907162024j:plain

なので、その対策として、ベースの白の壁紙を使うのではなく、その腰壁部分は着色されたアクセントクロスにあえて変更しました。15号棟はこんな色柄です↓

f:id:misawahome:20180824182506j:plain

13号棟はもっと濃い、こんなアクセントクロスを使っています↓

f:id:misawahome:20180824182756j:plain

↑こうなっていたら、もはや汚れても後悔はないだろうと思います。

 

これと同じ理由からユニットバスの内部も、単純なベースの白ではなく、少しベージュがかった床にしたり、汚れやすい正面の壁はあえて濃い柄をいれたデザインにしたりしています。

f:id:misawahome:20180825114754j:plain

白くて明るいほうが掃除したときはすっきりキレイになるのですが、いやぁ、まぉ、お風呂掃除ってなかなかそこまでできないのが現実ですから”

 

”でもはやり私個人的には、やっぱり家族みんなで内装のカスタマイズを楽しんでもらいたいという気持ちが強いですから、たとえば食器棚の吊戸棚と下のカウンターとの間の壁なんかは、デザインせずにシンプルな白ベースにしたので、流行のブルックリンスタイルの古タイルとかお好きな素材をDIYで貼ってみるとかして、良い家族の思い出にしてもらいたいなと思っています”

 

Q:ベース以外のアクセントクロス(壁紙)選びで大切にしたことは?

 

”物件のコンセプトからして、ダークでシックで落ち着いた大人な雰囲気を演出するよりも、全体的にどの棟についても明るくてやさしい雰囲気になるようにしました。ただ、やはり主寝室は一日の疲れを癒すという大事な目的がありますので、そこはクール系のクロスを選びました。このあたりはぜひ完成してからご覧いただきたいと思います!”

 

--------------------

事務局より

 

「I」さんのコーディネート業務は、

主役(=フラウ)の個性を引き出す面と、絶対に主役に後悔させないぞ!という強い姉御肌のポリシー」の両面を強く感じさせてくれます!家事に育児に趣味にオシャレに多忙な同年代女性を主役にしているこの【アルビオコート湘南・平塚】のプロジェクトにはぴったりだと思います!

 

次回はもっともっと「I」さんのこだわりを深掘りしていきます!お楽しみに。 

 

 

 

モデルハウス家具のセレクションも、もちろん「I」さんによるものです↓

f:id:Kenji_Fujikura:20180907154808j:plain

 

【アルビオコート湘南・平塚】のモデルハウスは、平成30年11月完成予定です。