アルビオコート湘南・平塚-まちづくりブログ-”四之宮のフラウ”

ミサワホームの【アルビオコート湘南・平塚】-企画担当者みずから書き下ろす、まちづくり秘話ブログ

20)コーディネーターのIさんのこだわり②

f:id:misawahome:20180711182527j:plain

↑本日のワンショット!意外に知られていない…平塚駅のあるあるダイヤ情報!①平日朝の通勤時間帯に上り「始発」電車がある!(6:32/7:08/7:12/8:00/8:07発など)②座っていける新宿への直通の特急がある!(”おはようライナー新宿24号”平日朝7:27平塚発ー8:27新宿着!)。平塚駅からでも都心へ快適に通えますよ!*ダイヤ情報はH30年8月時点のもので以後変更になることがあります。

 

---------------------

f:id:misawahome:20180817140640j:plain

公式ホームページにて資料請求受付中!

---------------------

今日は前記事に続いて、コーディネーター「I」さんのこだわりインタビューのパート2です!

 

Q:【アルビオコート湘南・平塚】には、内外装のカラースキームが3つあるようですが、それぞれの特徴を教えてください。

 

「I」さん:

「3つとも、物件コンセプトの主役は四之宮のフラウ!や平塚周辺の環境にインスパイアされてあみ出されたパターンになっています!

プロヴァンス(1.4.8.12.15号棟)

ブルックリン(3.6.9.10.13号棟)

オリーブ  (2.5.7.11.14号棟)

まず、①プロヴァンススタイルは文字通り南フランスの田園風景を彷彿させるナチュラル色・柄をメインに組み立てていて、カーテンや家具など色があわせやすいスタイルで、初のマイホームでも失敗が少なくてとても”安心”です。②のブルックリンスタイルはアメリカ西海岸の最新インテリアスタイルで、倉庫レンガやタイル、古木っぽい素材の都会スタイルの家具・家電を買い揃えたい方にはもってこいです。③のオリーブはさわやかな海辺を意識したシンプル&ちょっとかわいい系デザインで、家そのものもちょいちょい楽しめるようになっていますよ!」

f:id:misawahome:20180623093833j:plain

このパース(完成予想図)でいうと一番左側が15号棟ですが、これはプロヴァンスです。実は、この外壁の色・柄のコンビネーションを決めるのにとても時間がかかりました。塗装メーカーから何枚かサンプルを取り寄せては、組み合わせて、また違う色を何枚か取り寄せては、組み合わせて・・・と、気がついたらサンプル・ボードが50枚以上になっていました!でも目指していたプロヴァンス・ブルックリン・オリーブになるまで決してあきらめませんでした。

f:id:misawahome:20180826141748j:plain

↑プロヴァンスの外装コーディネート

f:id:misawahome:20180826141806j:plain

↑ブルックリン外装コーディネート

f:id:misawahome:20180826141824j:plain

↑オリーブの外装コーディネート

 

完成予想図の絵では違いがよくわからないと思いますが、外壁は全棟吹きつけとタイルの2種類を組み合わせていて、実は色と柄も3~4タイプもの種類で構成されているんです!また、バルコニーの手摺や玄関ドア、雨どい・屋根材のサンプルなんかもちゃんと↑こういうふうに事務所の外の駐車場とかに実物を並べながらコーディネートを考えているんです。内装とは違って、外壁・外装のサンプルというのは実際の太陽光を当てながら色合いをチェックしないといけません。太陽光と事務所内のライトとは全く光の加減が違いますし、もっというと晴れの日・曇りの日でも外壁の印象というのは異なります。その辺は経験則で微調整していきますが、あまり外でボーっとしていると日焼けしちゃうので大変です(笑)」

 

「玄関ドアのセレクトも色々悩みました。ちゃんと3スキーム、全部違うデザイン・色にしています。フラウは友人と服がかぶるだけでその日中気分がブルーになってしまう人たちですから(笑)分譲地内にある程度のバリエーションがあったほうがよいと私は思います。ちなみに③のオリーブスタイルは、玄関ドアも、プロバンスやブルックリンとは違い、こういう木目がしっかりした、窓枠もちょっぴりかわいいデザインのものを考えています↓

f:id:misawahome:20180826140906j:plain

家の中も、③のオリーブにはトイレのアクセントクロスを地中海スタイルにしていまして、

f:id:misawahome:20180826144443j:plain

↑こんなのだったり、

f:id:misawahome:20180826144349j:plain

↑こんなのをワンポイントで入れているので、遊びにきてくれたゲストから”なんかトイレの壁、かわいくない?!”ってほめてもらえるかもしれませんよ!」

 

Q:住宅設備を選ぶ際に「I」さんがこだわったことは何ですか?

 

「I」さん:

「フラウはハイテクよりも、”使い勝手”が良いことを重視します。あと、使い勝手と同様に気にするのはやはり”見た目”というか”雰囲気”というか”さわり心地”とかですかね。仕事や買い物でとにかくあちこち動き回るフラウはファッションやデザインの流行にとても敏感です。実はいま湘南エリアでは、平な鏡面でツヤツヤしたキッチン扉よりも、マットで木目柄のでこぼこ感がくっきりしているナチュラル系のほうがジワジワ流行りだしてきています。なので、今回のプロジェクトではそちらを選択しました。」

 

「使い勝手でいうと、やはりいつもヤキモキするのはガスコンロ周りのお手入れですね。ここはかなりコストアップになりましたが、汚れの付着が少ないハイパー・ガラス・トッププレートを選択して、色も少しキッチンの雰囲気が重たくなってしまうまっくろ黒ではなくクリアパールグレーという明るい色にしました。結構ステキですよ、この色は」

f:id:misawahome:20180826151257j:plain

↑キッチンの雰囲気を明るくする、薄グレー色のガスコンロ周り。

 

Q:最後に、本物件の「ここがイチバンのおすすめ!」というポイントを教えてください!

 

「I」さん:

「それは”四種の神器”ですよね、やはり。ネーミングはいまいちだと思いますが!(笑)ハウスメーカーの生活提案としてはかなりおススメというか、もう今後の建売住宅としてはマストアイテムではないかと思っています。我が家事情ベースで説明しますと、【パントリー】キッチンに必ずパントリーをつけている!→我が家は3人の子供がいて、夏休みシーズンになると朝は5人分のお弁当+朝ごはんをつくるのですが、そんなことをしているとあっという間に食材が消えていくので、大量買い溜めは基本です。キッチンにパントリーがあるのはありがたいです。でも、食材だけではなくて、意外にママ業をやっていると書類が堆積していくものです。保育園やら幼稚園やら学校やらの連絡帳や献立表、お薬手帳やらリーフレットやらチラシなどなど…。正直、日々整理して処分するヒマもありません(汗)私ならパントリーの一段・一角はそういった書類置き場的な使い方をすると思います。食材だけじゃないぞパントリー!みたいな。【玄関収納】下駄箱スペースにたたんだベビーカーやバギーをしまえるようにご提案していますが、我が家でいうとなぜかスケボーが4台あったり、サッカーボールが常に玄関に転がっていたりします。いつもなんとかしたいなぁと思いつつ諦めています。なのでベビーカーが終わっても、こういった奥行きが少し大きめのこの玄関収納は使い道があると思いますよ!【リネン収納】洗面所に収納を必ずつけていてタオル類をしまえるようにしていますが、我が家でいうと食材と一緒にボックスティッシュ・トイレットペーパー・洗剤・シャンプーなどのリネン・バス関係雑貨も大量一括購入してくるので、とりあえずガーン!と押し込んでおくスペースがどうしても不足しがちです。その点、このリネン収納は場所的にもぴったりですよね!とにかくこの四種の神器はカタログやコンセプトブックに書いてあるとおりではなく、使い方をみなさんでどんどんカスタマイズしていってもらえたら幸いです!」

 

「まだまだこのアルビオコート湘南・平塚のコーディネート業務は終わっていません。最後まで頑張って、お住まいになる方が快適に暮らせるような提案をしつづけていきたいと思います!」

 

コーディネーター「I」さんのこだわり①・②完

----------------------------

事務局より

 

夏は家族で朝から湘南の海へボディーボードに出かけるという「I」さん御一家。ご主人は土間部屋がある4号棟がおすすめのようです。帰宅してすぐにそこで板の手入れができそうなので、サーファーにはナイスな空間のようです!

 

次回は【アルビオコート湘南・平塚】の用地取得を担当した、通称"目利きのT”さんのご紹介です!