アルビオコート湘南・平塚-まちづくりブログ-”四之宮のフラウ”

ミサワホームの【アルビオコート湘南・平塚】-企画担当者みずから書き下ろす、まちづくり秘話ブログ

24)”細部の神S”さんが譲れないこと①

f:id:misawahome:20170627223716j:plain

↑本日のワンショット!-平塚市立大野小学校は【アルビオコート湘南・平塚】の指定学区校です。設立はなんと1873年(明治5年!!)ー設立から145年目の今年も在校生550人以上が元気に通い、休み時間は大きなグランドでのびのび遊んでいますよー

 

 

f:id:misawahome:20180817140640j:plain

公式ホームページにて資料請求受付中!

 

----------------------------

平成31年1月に第一期発売開始(予定)【アルビオコート湘南・平塚】の街づくり”分譲企画チーム”のメンバーを紹介しているシリーズ第4弾主人公は、設計のSさんです。

 

Sさんは設計図面の細部チェックを行ったり、図面どおりの建築施工が行われているかを厳しくチェックする、アラ還・ベテラン一級建築士です。性格はとても大らかですが、図面や工事をチェックするその目は鷹のように鋭く、ディテールへのこだわりが強いことから、"細部の神S”との異名を持ちます。とても頼りになるチームのアンカーです。

 

それでは”細部の神S”さんに話を聞いてみましょう!

 

Q:設計の立場からみた、今回の【アルビオコート湘南・平塚】の特徴を教えてください。

 

”細部の神S”:

『全部説明すると一日が終わってしまうでしょうから(笑)まずは大枠の話をしましょう。この街の全15邸の建物は、最終的に性能評価上、耐震等級*は「3」、耐風等級は「2」というそれぞれのカテゴリーで最高クラスの取得を目指しています。性能評価というのは、第三者機関が我々が作り上げている建物の性能を「設計」・「建設」の両面から所定のルールに基づきランク付けをする仕組みです。最近は自然災害による被害が全国で多発していますから、とにかく災害から大切なご家族や資産を守れるように出来る事はやっておこう!ということで進めているわけです。

www.hyoukakyoukai.or.jp

*耐震等級は「損壊等防止」・「倒壊等防止」両方について「3」取得を目指しています。

 

建売住宅というは、大手・中小の会社を問わず、この最高水準レベルで耐震性・耐風性の設計・施工をしていない物件が実は多く存在していますので、ご購入の際は必ず確認したほうがよいと友人知人にずっと個人的にもアドバイスしています。

 

また、「強い」だけではなく、最近は建売購入者層のエコ・マインドが高いと聞いていますから、全15邸に 低炭素建築物認定を受けるべくこちらも粛々と進めています。これは平たくいうと、二酸化炭素の排出抑制に寄与する住宅であることの証のようなものです。

www.hyoukakyoukai.or.jp

耐震等級が最高ランクであったり、低炭素認定をうけている住宅だったりすると、火災保険(地震保険)料の割引を受けられたり、住宅購入時の各種税金の軽減があるそうなので、購入者様には具体的なメリットとして生きてきます。詳細は販売を担当する予定のF氏にご確認下さい。』

 

Q:「強い」そして「エコ」な設計・施工ということですね。それではご専門の「細部」についてうかがいます。今回の物件でこだわったディテールを教えてください。

 

”細部の神S”:

『今回に限らず、ディテールについてはユニバーサルデザインをいつもテーマに考えています。たとえばスイッチ等の高さです。通常、照明等のスイッチの高さは大人の身長を基準に考えて床から1.2~1.4mくらいの高さで壁に設置しますが、ここの分譲地では将来お子さんもお住まいになることでしょうから、大人も子供も届く中間の高さに設定しています。だいたい床から1.05mくらいの高さで統一しました。実物をご覧になると、おそらく、むむ?ちょっと今の家のより低い?なぁと皆さんお思いになると思いますが、理由はそういうことです。』

f:id:misawahome:20180923135823j:plain

コンセントにも細かい工夫がありまして、有線の掃除機のようにコンセントへの抜き差しが多い家電品を使いそうな場所については、床からの高さを通常よりも高い40cmくらいにしています。玄関からリビングに入ったところとか、各居室3箇所のうちひとつドアに近いところとかはそうしています。通常高さの床から25cmだと、いちいち下までじっくりしゃがまないと線の抜き差しができませんよね?あれは結構足腰を疲弊させる屈伸で、老若男女問わず、あの作業はつらいんです。」

f:id:misawahome:20180923140917j:plain

コンセントついででお話すると、玄関ホール周辺には通常よりも1口多めにコンセントを設けるようにしています。これは空気清浄機用としてです。花粉症の方がいらっしゃるご家庭では、玄関ホールに清浄機を常設・稼動させていることが多いのが理由です。ウチの家でも家族全員が花粉症なので、誰かが帰宅するたびにパニックになりますね。

 

あと、昨今は電気自動車・プラグインハイブリッド車(EV・PHV)の比率が高まってきていますので、玄関の外、カーポート周辺には充電用の外部コンセントを必ず設けています。車が充電タイプではなくても、電動アシストの自転車の充電用にも使えます。女性の意見を聞くと、あの自転車の充電用バッテリーがとても重たいのでいちいちはずして家の中に持ち込んで充電するのがとても面倒で、最悪あまり乗らなくなってしまう、のだといいます。外でそのまま充電できればそんな良いことありませんよね。

 

ちなみに外部コンセントは100Vに一旦していますが、将来200Vにもできるようにしてありますので、ご安心下さい。』

f:id:misawahome:20180923143714j:plain

↑15号棟の電気配線予定図。EV車・自転車充電用の外部コンセント、玄関ホールに場合によっては空気清浄機を常設できるコンセント、リビング入り口に掃除機の線抜き差し多発用の高いコンセント・・・などなど。

------------------------

事務局より

 

分譲企画チームのメンバーは、建売の購入者層に近い年齢の人間が多いのですが、”S”さんのように、設計・施工のアンカーだけは、ベテランでないと細部の気づきに至らないので務まりません!次回はもっともっと細かいこだわりに関する”細部の神S”のお告げ?に迫っていきます!